ISL Onlineサーバーのドメインを教えてください。

ISL Onlineサーバーのドメインを教えてください。

パブリッククラウドでISL Online製品をご利用いただくには以下のドメインを使用できる状態に設定する必要があります。また、Webフィルタリングソフトなどが導入されている環境で接続に問題が発生する際は、このドメインを除外することで問題が解消される場合があります。

「*.islonline.net」

(セキュリティ上の理由から、グリッドサーバーのIPアドレスは公開しておりません。)

また、こちらからログイン出来ない場合、上記ドメインに加え以下ドメインを使用できる状態に設定してください。

「*.islonline.com」
「www.google.com/recaptcha*」
※ログインページで使用している「Google reCAPTCHA」のドメインです。

    • Related Articles

    • ISL Onlineを評価したいです。

      パブリッククラウドライセンス(15日間)、オンプレミスライセンス(30日間)の無料体験版をご利用いただけます。体験版をご利用いただくには、ISL Onlineのアカウントを作成する必要がありますので、こちらをご参照ください。
    • ISL Onlineの導入事例を教えてください。

      ISL Onlineは、世界100カ国300,000社以上、国内2,000社以上で導入されています。日本を代表する大手企業から官公庁まで、幅広い分野で導入されています。実際の事例については、こちらをご覧ください。
    • ISL Onlineの特長について教えてください。

      「ISL Online」は、同時接続数に応じたライセンス、セキュリティポリシーに応じた豊富なライセンス体系、すべての製品が1ライセンスで利用可能といった特長があります。詳細についてはこちらをご参照ください。
    • ISL Onlineの価格について教えてください。

      ISL Onlineのライセンスは、「同時接続数」分必要です。オペレーターの利用するPCや作成できるユーザー数に制限はなく、接続先のPC数も無制限のため、必要なコストを大幅に削減できます。 また、セキュリティポリシーに応じて導入形態の選択が可能です。ライセンス体系ごとに価格が分かれていますので、詳細についてはこちらをご参照ください。
    • ISL Onlineを利用したテレワーク(在宅勤務)

      「常駐接続」の応用として、社内端末またはサーバーにISL Online 常駐エージェントをインストールし、テレワーカー毎のセキュアなリモートアクセス環境を構築可能です。 テレワーカーは見るだけ ・データはサーバー上で処理 ・通信で行き来するのは社内端末の画面「画像」のみ ・「ファイル転送禁止」でシンクライアント化 セキュアリモートアクセス ・全通信はSSL暗号化 ・接続元端末をIPアドレス/MACアドレスで制限可 ・多段階認証設定可 低コスト運用 ・端末課金ナシ ・ID課金ナシ ...