SSL サーバー証明書の期限を確認するにはどうしたら良いですか?

SSL サーバー証明書の期限を確認するにはどうしたら良いですか?

SSLサーバー証明とは、Webサイトの身元の証明やSSLによる通信の暗号化に使われるデジタル証明書です。
ご契約中のライセンス種別により、確認するページ・確認手順・及び有効期限が異なります。

有効期限

最終確認日付:2024/5/8
適用場所
ライセンス種別
用途
有効期限
【1】
クラウド
オンプレミス
・クラウドライセンスのアクティベーションなどを行う際に使用します
・オンプレミスライセンスのアクティベーション、ライセンスファイル生成するなどを行う際に使用します

2024/6/18
【2】 クラウド
・クラウドライセンスのアクティベーション、プログラムのダウンロードなどを行う際に使用します

2024/6/18
【3】
※お客様の環境によって異なります
オンプレミス
・プロダクトログインページにポート443でアクセスした際に使用します
・外部の証明書を使用した場合はこの有効期限と異なります

2041/3/7


有効期限の確認方法

以下はGoogle Chrome からの確認手順です。ご利用中のブラウザの種類により、内容が異なる場合がございます。

【1】 https://www.islonline.com

  1. ログインページ「https://www.islonline.com/login/index.htm 」にアクセスします。
  2. Chromeブラウザの「鍵のマーク」をクリックし、下記の順にクリックします。
  3. 証明書の有効期限が表示されます。


【2】https://www.islonline.net

  1. ログインページ「https://www.islonline.com/login/index.htm 」からログインを行い、パブリッククラウドライセンスの「ワンタイム接続」タブを選択した状態にします。
  2. Chromeブラウザの「鍵のマーク」をクリックし、下記の順ににクリックします。
  3. 証明書の有効期限が表示されます。

【3】https://IPアドレス/  ※お客様の環境によって異なります

  1. オンラインページ「https://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)」にアクセスします。
  2. Chromeブラウザの「鍵のマーク」をクリックし、下記の順にクリックします。
  3. 証明書の有効期限が表示されます。


有効期限が切れたらどうなりますか?

有効期限後も暗号化は行われますが、期限が切れた証明書のまま利用する状態になりますので、最新バージョンへのアップグレードを行った上でご利用いただくことをお勧めいたします。適用手順につきましては、こちらをご覧ください。

    • Related Articles

    • 通信の暗号化の仕様を教えてください。

      ISL Online製品の通信では、AES256bitによる暗号化を行っています。セキュリティの詳細はこちらをご参照ください。
    • ISL Onlineのセキュリティについて教えてください。

      ビジネス利用、個人利用に関わらず、セキュリティはリモートコントロールツールにとって極めて重要です。「ISL Online」は最大限のセキュリティを考慮して設計されています。詳細については以下の資料をご覧ください。 ・パブリッククラウドライセンスのセキュリティについて ・プライベートクラウドライセンスのセキュリティについて ・セキュリティチェックシート
    • TLS 1.0、1.1を無効にすることはできますか。

      はい。ISL Conference Proxyの管理画面から設定が可能です。ご利用のバージョンにより異なりますので、以下手順に従い、設定してください。 ※当該設定を利用する場合、ISL Conference ProxyサーバーにSSLサーバー証明書を適用する必要がございます。 ISL Conference Proxy 4.4.2044.94 以前をご利用の場合 1. 管理画面にログインします。 2. [Configuration] > [General] をクリックします。 3. [HTTPT ...
    • ISL Onlineを利用したテレワーク(在宅勤務)

      「常駐接続」の応用として、社内端末またはサーバーにISL Online 常駐エージェントをインストールし、テレワーカー毎のセキュアなリモートアクセス環境を構築可能です。 テレワーカーは見るだけ ・データはサーバー上で処理 ・通信で行き来するのは社内端末の画面「画像」のみ ・「ファイル転送禁止」でシンクライアント化 セキュアリモートアクセス ・全通信はSSL暗号化 ・接続元端末をIPアドレス/MACアドレスで制限可 ・多段階認証設定可 低コスト運用 ・端末課金ナシ ・ID課金ナシ ...