バージョン毎の保守サポート期限について教えてください。

バージョン毎の保守サポート期限について教えてください。

ISL Online製品はバージョン毎に保守サポート終了日が異なります。こちらをご参照ください。
※ISL Conference Proxy 4.3以前のバージョンはサポートを終了しています。

バージョンの確認方法は、それぞれ以下をご参照ください。

ISL Conference Proxy(サーバープログラム)

  1. サーバーのブラウザ上で管理画面(http://localhost:ポート番号/conf)にアクセスします。
  2. 管理者のID(admin)とパスワードを入力しログインします。
  3. 右側メニューの[Manage software] - [Overview]をクリックします。
  4. 「Modules」内「ISL Conference Proxy」の「Version」列からISL Conference Proxyのバージョンが確認できます。

ISL AlwaysOn(常駐接続プログラム 接続先)

  1. タスクトレイに表示されるISL AlwaysOnアイコンを右クリックします。
  2. [バージョン情報]をクリックすることで、バージョンが確認できます。
※オンラインページ上の常駐接続先一覧から、マウスオーバーすることで確認することも可能です。

※アップデート方法はこちらのマニュアルをご参照ください。

ISL Light(ワンタイム接続・常駐接続プログラム 接続元)

  1. 端末にインストールされたISL Lightを起動します。
  2. プログラムを右上のツールバーをクリックし、[バージョン情報]からバージョンを確認できます。
※インストールせず、都度起動する「ISL Light」は、基本的にサーバーから最新版をダウンロードします。
※アップデートできる場合は、[バージョン情報]画面の右下のボタンから手動でアップデート可能です。

ISL Light Desk/Client(ワンタイム接続プログラム 接続元・接続先)

基本的に最新版をサーバーからダウンロードします。
確認する場合は、それぞれプログラム起動後、スパナマークをクリックすることで確認可能です。



    • Related Articles

    • 複数の端末にインストールされたISL AlwaysOnのバージョンアップを行えますか?

      はい。こちらをご参照ください。
    • Windows 11に対応していますか?

      はい、Windows11は動作環境に含まれております。動作環境やバージョンアップガイドもご参照ください。
    • 保守サポートサービスについて教えてください。

      「ISL Online」の保守サポートには、「Emailによる技術サポート」や「製品バージョンアップ時の最新版プログラム無償提供」が含まれます。詳細についてはこちらをご参照ください。
    • ISL AlwaysOnでコンピューターの一覧が表示されません。

      2018年3月23日にリリースしたバージョンから、ISL AlwaysOnのUI上に接続先のコンピューター一覧(マイコンピューター)を表示しない仕様に変わりました。バージョンアップ後はより高速で接続が可能なISL Lightまたはオンラインページから接続してください。(詳細はこちらをご参照ください。)
    • OpenSSLの脆弱性(CVE-2022-0778) の影響について

      概要(ライセンス共通) 2022年3月15日、暗号化ソフトウェアライブラリ「OpenSSL」の脆弱性が公表されました。当該脆弱性は、「OpenSSL」で使用している一部関数に不具合があり、不正な証明書や秘密鍵を読み込ませることで無限ループが発生し、CPU使用率が異常増加する可能性があります。  ▼参考:OpenSSL に複数の脆弱性  https://jvn.jp/vu/JVNVU90813125/index.html  ▼参考:OpenSSL Security Advisory [15 ...