ISL Onlineは「Apache Log4j」の脆弱性 (CVE-2021-44228)の影響がありますか?

ISL Onlineは「Apache Log4j」の脆弱性 (CVE-2021-44228)の影響がありますか?

ISL Online製品は「Apache Log4j」を使用していないため、「CVE-2021-44228」で報告されている脆弱性の影響はありません。
    • Related Articles

    • ISL Onlineは「Spring Framework」の脆弱性 (CVE-2022-22965)の影響がありますか?

      ISL Online製品は「Spring Framework」を使用していないため、「CVE-2022-22965」で報告されている脆弱性の影響はありません。
    • OpenSSLの脆弱性(CVE-2022-0778) の影響について

      概要(ライセンス共通) 2022年3月15日、暗号化ソフトウェアライブラリ「OpenSSL」の脆弱性が公表されました。当該脆弱性は、「OpenSSL」で使用している一部関数に不具合があり、不正な証明書や秘密鍵を読み込ませることで無限ループが発生し、CPU使用率が異常増加する可能性があります。  ▼参考:OpenSSL に複数の脆弱性  https://jvn.jp/vu/JVNVU90813125/index.html  ▼参考:OpenSSL Security Advisory [15 ...
    • ISL Onlineは代理店経由で購入することが可能ですか?

      はい。販売パートナー経由でのご購入や、オンラインショップからお買い求めいただくことも可能です。詳細についてはこちらのページをご覧ください。
    • ISL Onlineの導入事例を教えてください。

      ISL Onlineは、世界100カ国300,000社以上、国内2,000社以上で導入されています。日本を代表する大手企業から官公庁まで、幅広い分野で導入されています。実際の事例については、こちらをご覧ください。
    • ISL Onlineの特長について教えてください。

      「ISL Online」は、同時接続数に応じたライセンス、セキュリティポリシーに応じた豊富なライセンス体系、すべての製品が1ライセンスで利用可能といった特長があります。詳細についてはこちらをご参照ください。